フラクタル心理学とは何?問題解決に役立つ高度な理論

人生で悩みを抱えない人はいないでしょう。その悩みの大きさは人によって異なるものの、誰でも悩みがあるのは事実です。問題解決のために誰かに相談する人もいれば、専門書を読む人、インターネットで検索する人など、人によって色々な問題解決の方法があるかもしれません。それでも、可能であれば根本から問題解決したいと思いませんか?こちらでは、問題解決をするにあたって参考にできるフラクタル心理学について紹介したいと思います。

フラクタル心理学とは?

ノートを手に持ち疑問を表現する女性

フラクタル心理学とは、思考と現象の関係を細かく解明した高度な理論のことです。開発者の一色真宇は、様々な心理セラピーを行う内に、ある一つの共通点を見つけました。それは「過去の思考が今悩んでいる問題の原因となっている」という法則です。

問題が起こらないように…

もし、最初の思考を修正することができるなら、今悩んでいる問題が起こらずに済みます。何か起こるたびに問題解決に向けて取り組むよりも、問題が起こらないようにしたほうが建設的だと思いませんか。ところが、実際には多くの人が目の前の問題にとらわれてしまい、なかなか根本原因の解決にまでたどり着きません。

このようなとき、フラクタル心理学を用いることができれば、今抱えている問題だけでなく、根本原因そのものをなくせるのです。フラクタル心理学に興味がありましたら、こちらもご覧ください。

フラクタル心理学を用いた問題解決の方法

閃きのマークを表現する手

フラクタル心理学を用いて問題解決を目指す場合、まずは人間の思考の仕組みについて理解することが肝心です。フラクタル心理学の「過去の思考が今悩んでいる問題の原因となっている」という法則に対し、自分は違うと思うかもしれません。しかし、実は自分で気づいていない思考があります。

無意識を読み解く

もちろん、自分で気づいていない思考ですから自覚はないでしょう。そのことを理解したうえで、無意識に考えている思考について読み解いていくということになります。そうすることで、不都合な現実をつくってしまう思考の種を見つけることができるのです。

問題の原因を探っていく

不都合な現実をつくる種を見つけたら、それによって生じている問題の原因を探っていくという流れになります。最終的には無意識の思考のクセを見つけ、問題を生じさせないようにします。これが実現できれば、積極的な見方ができるようになるでしょう。

フラクタル心理学は応用できるのか

フラクタル心理学では、今自分の周りで起きている事柄の原因は自分の思考によるものだと考えます。自分の思考一つで“これから起こることをコントロールできる”というものです。そもそも人は、自分の周りで起きていることについて、思考を巡らせないわけがありません。ということは、日常生活のどの場面でも応用できると言えます。

具体的には?

例えば、周囲との人間関係や仕事の成功、自分の能力を伸ばしたい、美しく健康な身体が欲しい、理想のパートナーが欲しい、有能な部下が欲しいなどの場面です。このような事柄に応用できるなら、フラクタル心理学を試してみる価値は十分にあることでしょう。応用することで、今の自分も将来の自分についても、コントロールできるようになるかもしれません。

問題解決を目指すならフラクタル心理カウンセラー 鈴木知子へ

問題解決をするにあたって参考にできるフラクタル心理学とは何かを説明いたしました。フラクタル心理学は問題解決をするだけでなく、その問題自体をなくすという考えの高度な理論です。大きな問題が続くと「どうして自分ばかりがこんな目に遭わなければいけないのか…」と、考えてしまうでしょう。しかし、その状況を一度解決し、根本となる思考までをコントロールするところまでいけば、状況は大きく変化します。今、問題ばかりでどうしようもないという方は、一度フラクタル心理カウンセラー 鈴木知子へご相談ください。状況が少しずつ変化し、最終的に自分の思い通りの道を歩むことができるよう、全力でサポートいたします。

フラクタル心理学を学んで活用したいとお考えの方は
「フラクタル心理カウンセラー 鈴木知子」

会社名 フラクタル心理学講師/フラクタル心理カウンセラー 鈴木知子
所在地 宮城県仙台市青葉区
TEL 090-2735-2139
URL https://sendai-hurakutaru.com
PAGE TOP