【フラクタル心理学】子育てでストレスを溜めやすい人の特徴 親子における人間関係

人間関係の中でも、子育ては特に難しい分野と言えるかもしれません。自分の子どもとはいえ、子ども自身にも感情があるからです。幼い頃はある程度、親の言うことを聞いてくれるものの、成長するにつれて自身の希望や主張が出てきます。その時に、その状況をうまく自分の中で処理できる親もいれば、ストレスとして溜め込んでしまう親もいます。こちらでは、フラクタル心理学の講師であるフラクタル心理カウンセラー 鈴木知子が、子育てをするにあたってストレスを溜めやすい人の特徴をまとめています。

子育てでストレスを溜めやすい人の特徴

ベッドの上でうつ伏せになって頭を抱える人

世の中にはいろんな性格の人がいます。細かいことが気になる人もいれば、気にならない人もいるでしょう。子育ての場合でも、ストレスを溜めにくい人もいれば、溜めやすい人もいます。では、どのような人がストレスを溜めやすいのでしょうか。

完璧主義で理想が高い人

できていないことに目が向きやすい、完璧主義で理想が高い人は子育てでストレスを溜めやすいです。「こうあるべき」「ああしなければいけない」と考えてしまいがちな人は、自分の思いだけで進まない子育てにおいて、大きなストレスが溜まってしまいます。

何かと比べてしまう人

他人や子育て本と比べすぎる人も、ストレスを溜めやすいでしょう。この場合、完璧主義の人と似ている面があります。他人や子育て本と比べ、自分の子どもができていないこと、不足していることで落ち込んでしまうのです。

一人で背負い込みすぎる人

一人で背負い込みすぎる人も該当します。子育てや家事は女性がするもの、専業主婦だから完璧にこなさなければと、つい一人で頑張り過ぎてストレスを溜めこんでしまうのです。

頑張り過ぎてしまう人

仕事は頑張った分だけ、上司や同僚の評価、あるいは給与などに反映されるため、目に見える形で自己評価がわかるものです。しかし、子育てや家事というものは、はっきりした評価を目にする機会が少ないと言えます。そこで、これまでの仕事と比較して、ストレスを感じてしまうのです。

このような特徴に当てはまる方は、子育てでストレスを溜めやすい傾向にあると言えるでしょう。誰かのせいでストレスを感じてしまうという方は、こちらの記事もご覧ください。

親の思いが子どもを成長させる

路上でベービーカーの赤ちゃんに話しかける女性

子育て中の親なら「子どもが無事に育ってほしい」「幸せな人生を送ってほしい」と思うことでしょう。子どものためにお金を使うこともその一環です。子どもを一人育てるためには、かなりのお金がかかります。親は子どものためにそのお金を出し、無償で援助してくれるのです。世の中見返りも期待せずに、ただ援助してくれる人はそうそういるものではありません。しかも、社会に出て人間関係を構築できるように、しつけや教育までしてくれるのです。

このような子どもに対する親の思いが、子どもを育てるのです。ただ、子どもの頃には、この親の思いを理解することはなかなか難しいかもしれません。多くの子どもにとって、親は当たり前の存在だからです。そのような場合でも、フラクタル心理学について学ぶと、本当の意味で気づくことができなかった親の愛を理解できるようになります。自分の親がどんな思いで子育てをしていたのかを、真に理解することで自分も子どもに対して同じように接するようになるのです。

親子における人間関係の構築にフラクタル心理学を役立てよう

親は子どもに無償の大きな愛を与えるのですが、子どもはそれに気づくことはなかなか難しいでしょう。実際に親になって初めて理解したという方も少なくありません。フラクタル心理学はまず、親の意識や思考を大きく変化させます。親が変化すれば、少なからず子どもに影響を与えられるからです。そのため、フラクタル心理学を学ぶことで親子における人間関係の構築に大きく貢献することも可能なのです。ストレスを溜め込んで子育ての限界を感じてしまう前に、フラクタル心理学を役立ててみませんか。ご希望の方は、フラクタル心理カウンセラー 鈴木知子にお問い合わせください。

フラクタル心理学を活用して子育ての心理的負担を軽くできないかとお考えの方は
「フラクタル心理カウンセラー 鈴木知子」

会社名 フラクタル心理学講師/フラクタル心理カウンセラー 鈴木知子
所在地 宮城県仙台市青葉区
TEL 090-2735-2139
URL https://sendai-hurakutaru.com
PAGE TOP